眼科専用の電子カルテ、医療システムの開発・販売・サポートなら株式会社ビーライン

ビーラインは病院、クリニックでの診察の効率化を図るソリューションとして、眼科専用 電子カルテをはじめ
画像検査ファイリングシステムなど、医療システムの 開発・販売・サポートを行っています。

文字サイズ

MediUS(眼科専用電子カルテシステム)

新しいWebベースの電子カルテを利用した「眼科医療の効率化」を提案します。

眼科専用の電子カルテシステム

MediUS電子カルテでは、眼科診療のワークフローに沿ったシステムを構築する事により、現用の紙カルテへの運用を崩さずにシームレスな電子カルテへの移行が可能です。
受付 → 検査 → 診察 → 会計といった一連のワークフローをカバーし、ドクター及びスタッフの日常診療行為を効率よく、円滑に運ぶことが可能になります。
検査データの取込み、閲覧機能は当社ファイリングソフト(EyeBaseNetSystem)を基盤として制作。今すぐ調べたい、見たい、比較したいといった要望を可能にするのがMediUS電子カルテです。

MediUS電子カルテによる利点

スムーズな受付処理

2号紙イメージでのカルテ表示と記載

患者の待ち状態を一覧から瞬時に把握

ファイリング機能による検査画像、数値データ取込み

処置・検査・薬剤処方等はセットやDo機能でスピーディに登録

画像の拡大比較や数値のグラフ機能等の充実したファイリング機能

会計業務はレセコンとシームレスに連携

シェーマや文言登録機能で簡単に所見を登録

ひと目で分かる理想的なユーザーインターフェイス

眼科専用のシステムとして誕生したMediUS電子カルテは検査画像、数値データのファイリング機能が一体となった簡単で使いやすい統合電子カルテシステムです。
現場の運用に沿った設計で親しみやすい画面構成により、直感的な操作で必要なデータの閲覧や入力作業を可能にします。

1.受付
受付画面
レセプトにて受付後は自動連携して電子カルテ画面に待ち受け患者一覧として表示。
前回からの指示や申し送り等が確認できます。
2.検査
検査画面
電子カルテからファイリング画面へ各種検査機器の画像や数値データの自動、またはボタン1つで取り込み、視力等の入力や結果を即時確認可能。
ファイリング画面:経時的な並び替え、マルチ拡大比較等はもちろん、各種入力フォーマットも自在にカスタマイズ。

3.診察
2号紙書き込みイメージ画面

2号紙書き込みイメージ画面

直感的な操作で入力の手間を省く事を目指した画面設計。
画像や過去のデータ、所見のDo機能や分かり易いインターフェイスで診療を支援。

処方入力

処方入力

処方入力:セットや過去処方のDo機能で簡単に処方を登録。

シェーマ入力

シェーマ入力

シェーマ機能:筆圧感知やレイヤー機能等、眼科画像の編集専用に開発したオリジナルシェーマソフト。

病名入力

病名入力

病名記入部:採用病名から簡単に病名登録、過去病歴や継続病名も時系列に表示。


4.会計
会計イメージ

診察終了後は電子カルテへ登録した処方、処置情報をレセプトへ転送し算出を行い会計終了。


各社レセプトコンピュータとの接続連携

MediUS自体にはレセプト機能を持たず、日医標準レセプトソフト(ORCA)をはじめ、各社レセコンとの連携にて医事会計業務に対応します。※
MediUS電子カルテシステムで入力された診療情報(病名・処置・薬剤処方データ)がレセコンに転送され会計業務が行われます。
レセコンとの連携により会計担当者のよる入力の転記ミス防止や入力時間の削減が可能となります。
※レセコンとの接続につきましてはご相談ください。

検査データの取込みに関して

画像データの取込み
柔軟なインターフェイスでアナログ、デジタル信号問わず様々な検査機種の画像取込みが出来ます。
例えばOCR技術の使用により画像から情報を自動判別してデータを取得するなど他社との差別化を図っています。
数値データの取込み

レフケラ・ノンコン等数値データの検査機器に関してはRS-232C経由等で取込みを可能にしています。
小型取込BOXでの省スペース化、自動登録による転記ミスを防ぎ作業の効率化が図れます。


webアプリケーションによるシステム構築

MediUS iPad

MediUS電子カルテはwebアプリケーションにて設計、構築されています。
webブラウザを利用する事により、お客様のご用意されたPCや、すでに院内にお持ちのPCを簡単設定で閲覧PCとする事が可能です。
iPadやモバイル端末を利用したカルテ参照や登録(一部機能を除く)が可能ですのでよりフレキシブルな電子カルテの運用が可能になります。

対応ブラウザ:Internet Explorer、Safari


様々なMediUSシステム機能の紹介

患者一覧画面
患者一覧画面

MediUS特徴1:一覧から患者の現在の待ち状態や、状況を瞬時に把握。

簡単セット登録
簡単セット登録

MediUS特徴2:処置、処方中にも簡単にセットを登録し即反映する事が可能。


予約管理機能
予約管理機能

MediUS特徴3:予約管理機能も充実。様々な検査機種や手術予約を個別に枠を作成することで、きめ細かい予約管理機能を実現。

手術管理機能
手術管理機能

MediUS特徴4:様々な術式に沿ったテンプレートを用意。直感的な入力でオペ管理を実現します。電子カルテからのオペ記録の検索や参照も容易に行うことが可能になります。


システム概念図

システム構成及び動作環境

基本動作環境 MediUS

サーバー Microsoft Windows 2000 Server
Microsoft Windows Server 2003
Microsoft Windows Server 2008 R2
クライアント Microsoft Windows 7/8/8.1/10 Professional
データベースサーバー Microsoft SQL Server 2005
Microsoft SQL Server 2008 R2

※各検査機器と接続するパソコンの台数は検査機器の設置場所や運用により変更されます。


本社 〒194-0021 東京都町田市中町1-2-2 森町ビル3F 042-729-3753
名古屋 office 〒460-0003 愛知県名古屋市中区錦3-5-28 錦サンライズビル7F 052-684-8417
宮崎 office 〒880-0902 宮崎県宮崎市大淀3-1-19 久保ビル1F 0985-41-5705
沖縄 office 〒900-0015 沖縄県那覇市久茂地2-14-13 澄和NAHAビル7F 098-943-7297

※Windowsは米国 Microsoft Corporation の米国およびその他の国における商標または登録商標です。
※Macintosh、Mac OS、Safari、iPadは、米国 Apple Computer, Inc. の商標または登録商標です。
※その他、本ウェブサイトに記載されている会社名、商品の名称は、それぞれ各社が保有する商号、商標または登録商標です。