眼科専用の電子カルテ、医療システムの開発・販売・サポートなら株式会社ビーライン

ビーラインは病院、クリニックでの診察の効率化を図るソリューションとして、眼科専用 電子カルテをはじめ
画像検査ファイリングシステムなど、医療システムの 開発・販売・サポートを行っています。

文字サイズ

カールツァイスメディテック 株式会社

自動視野計 HFA 対応

自動視野計データファイリングシステム

※旧ソフト名:HfaFiles

 2016年9月よりソフト名を変更いたしました。

緑内障Pro.機能

特徴

30-2、24-2検査データはハンフリーGHT分類、10-2検査データはHoodのクラスタを改変したセクターに分けて

視野障害進行の有無・速度・欠損部位を1画面で確認可能です。

重ね合わせ機能

特徴

30-2/24-2検査データの中に10-2検査データをボタン一つで重ね合わせて表示します。

両眼視視野表示機能

特徴

左右眼の検査結果を重ね合わせ、両眼で見た時の視野を 表示します。

日常生活で実際に患者が見ている視野を把握することが 可能となります。


この例では、片眼にはそれぞれ視野異常がありますが、両眼視野で表示すると左右で補完して視野異常を自覚しにくいことがわかります。

Perimetry(Study)機能

 視野異常の判定基準/視野欠損の程度分類

特徴

視野異常の判定基準では、緑内障診療ガイドラインにも採用されている、Anderson-Patella分類を、Patella氏の了解を得て搭載しています。

視野期分類も標準的な分類を複数搭載し、Scoreの自動計算も可能です。

(Hodapp-Anderson,CNTGS,AGIS,CIGTS,GSSなどの解析機能搭載)


 視野欠損の分類/GSS分類/AGIS

ネットワーク構成例

HFA2(700シリーズ)HFA3(800シリーズ)も1つの「BeeFiles」で閲覧可能です。

 ※検査の種類によっては、一部データが取り込めない場合があります。

 ※こちらの接続はHFA3ライセンスが別途必要になります。

基本動作環境 BeeFiles for HFA

対応OS Microsoft Windows 7/8/8.1/10 Professional
本体 IBM PC / AT 互換機 シリアルポート(※2) パラレルポート ネットワーク
CPU インテルコア i3以上
メモリ 4GB以上
HDD 空き容量500MB以上(動作時)
ディスプレイ 表示色HighColor16Bit以上
解像度 1024 X 768(XGA) 以上
その他 1眼の取りこみスピード約10秒
1眼に必要なデータサイズ約12KB

※2検査室や医局へつなぐ2台目以降の接続にはシリアルポート・パラレルポートが無くてもネットワークさえあれば閲覧できます。

 

※各ハードウェア、ソフトウェアの仕様及び外観については、予告なしに変更される場合があります。

※当ページと実際の商品とは多少異なる場合があります。

※掲載商品には別売り品が含まれる場合があります。

 
 

BeeFiles for AP、imoはこちら


 


本社 〒194-0021 東京都町田市中町1-2-2 森町ビル3F 042-729-3753
名古屋 office 〒460-0003 愛知県名古屋市中区錦3-5-28 錦サンライズビル7F 052-684-8417
宮崎 office 〒880-0902 宮崎県宮崎市大淀3-1-19 久保ビル1F 0985-41-5705
沖縄 office 〒900-0015 沖縄県那覇市久茂地2-14-13 澄和NAHAビル7F 098-943-7297

※Windowsは米国 Microsoft Corporation の米国およびその他の国における商標または登録商標です。
※Macintosh、Mac OS、Safari、iPadは、米国 Apple Computer, Inc. の商標または登録商標です。
※その他、本ウェブサイトに記載されている会社名、商品の名称は、それぞれ各社が保有する商号、商標または登録商標です。